マネジメント

代表取締役(CEO) 今井龍二

CEO

1983年西南学院大学法学部卒業。Floating Point Systems日本支社営業を皮切りに、Cray Research 社、Sillicon Graphics社、Kendall Square社などのHPCの営業と営業マネジメントに従事。Molecular Simulation社の日本営業本部長よりソフトウエア産業に転じ、Platform Computing社、Microstrategy社のGMを歴任。日本グリッド評議会発起人。その後、半導体装置商社の株式会社インターテックに入社し、中国現法の総経理。帰国後NEDIA(日本電子デバイス産業協会)の新事業創生委員として株式会社ネイタスの取締役を経て2018年より現職。主に解析用HPC、並列コンピューティング、シミュレーションソフトウエアを主にハイテクノロジー製品の営業、マーケティングに豊富な経験をを持ち、海外での技術動向を探る人的ネットワークも豊富である。


技術担当取締役(CTO) 井上道弘

CTO

1970年 九州大学工学部卒業、 松下電器産業 (株 )に 入社 。 中央研究所および 半導体研究センターにて、アナログ集積回路、 CMOS LSI 、 DRAM 、不揮発性メモリー等 の 半導体メモリ ー 、 CCD イメージセンサ ー など の半導体集積回路 設計、デバイス およびそのプロセス技術の研究開発を担当 。
1990年以降、 超LSI技術研究 所 所長 、半導体 製造技術センター 所長 、 技監 等を歴任 し、 同社 半導体事業におけるデバイスおよび 最 先端プロセス技術 開発と生産ライン の 構築 ・生産技術 を 統括 。
2010年 より 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 九州センター にて イノベーション コーディネーター 、研究参与を歴任し ミニマルファブ 後工程開発を 推進 。
その他、九州大学先端科学技術共同研究センター客員教授 、 熊本テクノ 産業財団 電子応用機械技術研究所上席客員研究員、 大阪電子通信大学客員教授 、半導体生産技術国際シンポジウム( ISSM )運営委員長等 を歴任 。現在、国立研究開発法人産業技術総合研究所客員研究員、 一般社団法人半導体産業人協会 理事。


社外取締役 井内伸哉

株式会社インターテック販売代表取締役社長

監査役 周藤智

弁護士(第二東京弁護士会)。中小企業診断士